アンティークのお店 「クラシック ローズ」です
       スージークーパーを中心にした陶器、ディプレッショングラス、シルバー、小物
       などを趣味で集め、ご希望の方にもお譲りして、ご一緒に楽しんでいるお店です。 
       お気軽にお声をおかけください。

お店からのお知らせ~紅茶のすすめ~



美味しいお茶をどーぞ

2024年の「紅茶を美味しく飲む会」の予告です
2月(冬)、5月(初夏)、9月(秋)、12月(X'mas)です
(今月から「紅茶セミナー」から「紅茶を美味しく飲む会」
に変更いたしました 今まで通りご一緒に紅茶を楽しみ
たいと思っています)

2月の会が終了いたしました

台湾の紅玉紅茶、蜜香紅茶と龍井緑茶を楽しみました
お菓子は沖縄の伝統菓子にしました
お茶とお菓子がとてもよく合い、ご出席の皆様のご協力
もいただいて、美味しく楽しいお時間が過ごせました
ありがとうございました

5月の会は
5/18(土)から5/31(金)の2週間
を予定いたしました
ご参加をご検討の方は下記までご連絡くださいませ
日時など調整させていただきます

メール;info@classic-rose.jp、TEL;045-901-2622
                      
     (24.03.15) クラシックローズ・セミナー係
3月のお庭
バラ 四季咲きのバラです
流石に寒さに強く
もう葉っぱをつけてきました

29年目のバラですが
まだまだ若く元気です

白っぽい枝はもう役目の終わった枝ですが
このように新旧が順次入れ替わって
若さを保っている
とても賢いバラです
ハマナス
北海道のオホーツクの風にもまれた
ハマナスですが
結構寒がりで
やっと芽(目)を開いてきたみたいです

あるいはとても順応力に優れていて
暑さに慣れていくうちに
寒さに弱くなったのかもしれません

今年も元気に目覚めてきましたから
エライよ、と言ってあげましょう
お茶 ほんとうに安定したお茶の木です
確か京都、宇治の生まれと聞きましたが
何か関係でもあるのでしょうか

5月に入ると沢山の一芯二葉で着飾って
私達を楽しませてくれますから
そこが京都人(?)なのかも知れません

今年も美味しいお茶期待してます


(’24.03.15)
■ アンティークのすすめーその11



1800年代初期の受皿付きティーポット


その11 陶磁器という焼物はありません

陶磁器というのは、陶器と磁器の総称で、何かそういった
焼物があるわけではありません

では陶器と磁器はどう違うのでしょう
とても簡単に言うと
陶器は粘土だけで出来ていて、1200℃以下で焼かれた
、叩いても響かない、すかしても透けない
焼物です
磁器は粘土に石が混ざっていて、1200℃以上の高温で
焼かれた、叩くと響き、すかすと透けてみえる焼物です

よく磁器をポーセリンと呼び、何か高級感が漂うように
扱われますが、それはあまり正しい認識とは言えません

24.03.15) 
               

このページのトップへ
(C)Classic Rose